オルビスアクアフォース 保湿

肌の保湿おすすめ方法

肌の保湿おすすめ方法をいくつかご紹介します。佐伯チズ式スキンケアの基本には、化粧水や乳液を手のひらに取り、軽く温めてから使うと浸透力が高まり、効果が倍増するそうです。肌に近い温度の方が肌なじみが良いので、特に寒い時期は体温に近づけてからつけましょう。つけ方ですが、手のひらと指の腹の全体を使って包み込むようにつけるのがオススメです。手のひらの体温がスチームアイロンのような役割をして化粧品の浸透を高めて肌のキメを整えてくれます。基礎化粧品は、ひとつつけたら3分時間をおくというのが良いです。化粧水を付けて3分放置、美容液を付けて3分放置した後に乳液やクリームを付けるというような順番でじっくり浸透させるとお肌への保湿効果が高くなります。化粧水だけしか付けないとか、乳液しか付けないというのは、お肌の潤いが不足する大きな原因になります。必ず洗顔や入浴の後には、最低でも化粧水と乳液だけはつけ、美容液やクリームをプラスすることでさらに保湿力を高めることができます。晴れの日が続いたり、暖房を使う時期は特に室内が乾燥しやすいです。肌に付けるものも大切ですが湿度も大切なので、加湿器で常に湿度50〜60%を保つようにするのがオススメです。